応用編M&A時の具体的な課題とその対策

最近では大企業だけでなく、中堅・中小企業の経営者のなかにもM&Aという選択肢を検討する方が増えています。
M&Aをすることによる効果やメリットは、みなさんなんとなく理解されています。
しかし「従業員の待遇は現状維持できるのか?」「お世話になった取引先に迷惑がかかるのでは?」「仲介会社に依頼するとどれぐらい手数料を取られるのか?」などといった具体的なことが分からず、次の一歩が踏み出せずにいるのではないでしょうか?
本項では、M&Aをするうえで直面するであろう具体的な問題やその対処法について分かりやすく解説します。

M&Aでよく起こる6つの具体的な課題と対策

1

中小企業のM&A

新聞などのメディアでは、連日のようにM&A関連のニュースが取り上げられています。また中小企業によるM&Aの実施件数は、年々増え続けています。
伝統的な技術や優れたノウハウを次の世代に引き継ぐための選択肢としてM&Aを検討するまえに、中小企業のM&Aの実情を探ってみましょう。

詳しくはこちら

2

事業承継の方法と4つの選択肢

中小企業の経営者が事業承継をする方法は、「上場」「身内または従業員への承継」「清算」「M&A」の4種類です。
中小企業が抱える問題の多くが「後継者不在」といわれていますが、後継者不在の悩みを解消するための手段は「清算」か「M&A」になります。それぞれのメリットやデメリットについて詳しくみていきましょう。

詳しくはこちら

3

M&Aの手数料の相場

M&A仲介会社に依頼した場合の手数料は着手金と成功報酬の2つからなります。
それぞれの手数料の詳しい内容や支払いのタイミングなど注意しなければならないポイントはどのようなことでしょうか?また、気になるそれぞれの支払い金額の相場についてもくわしく解説します。

詳しくはこちら

4

知人の会社に売却したい

あなたの知り合いの会社を買収したいと考えたとき、経営者自らが打診しても良いのでしょうか?たとえ親しい間柄であったとしても、売り手側と買い手側ではそれぞれの立場は違ってきます。
知人の会社とM&Aを行う際に、注意するポイントやその方法などについてくわしく説明します。

詳しくはこちら

5

取引先に迷惑をかけない方法

今までお世話になった取引先は、あなたの会社にとって貴重な財産でもあります。M&Aをすすめていくときに主要な取引先に迷惑をかけないようにするためにはどのようなことに気を付ける必要があるのでしょうか?
信頼関係を失うことなく、M&Aをした後も引き続き取引をしてもらうために必要な方法について説明します。

詳しくはこちら

6

従業員に迷惑をかけない方法

M&Aを実施するときにあなたの大切な従業員に迷惑をかけないようにするためには3つのポイントがあります。「雇用や待遇の維持」「M&A情報を開示するタイミング」そして「統合後の組織マネジメント」です。
従業員が安心して働けるようにするためのポイントについてくわしい内容を解説します。

詳しくはこちら

M&Aで考えられる具体的な課題・問題

M&Aが必要なことは分かっているしやりたいと思っているという企業はとても多いといえます。ただM&Aはなかなか経験できるものでもなく、経営者の疑問や悩みが解消できる情報は、まだまだ不足しているのが現状です。
M&Aに関する情報が少ないなかで経営者の悩みとして多いのが次の2つの項目になるでしょう。

給与や退職金など
従業員の待遇への影響

M&Aで会社が売却された場合、経営者や従業員にとっては売却後の給与や退職金がどうなるのかが、何よりも心配なことです。また買い手企業の場合は、買収することで売り手側の従業員のモチベーションが低下したり、退職につながらないか?ということが気になる点です。また結果としてM&Aによるシナジー効果が得られないということはなんとしても避けたいポイントでしょう。

取引先への影響

ビジネスというのは自社だけでなくたくさんの企業がお互いに連携することで成りたっています。あなたの会社からの依頼が取引先にとつて多くを占める場合もあります。会社を清算したりM&Aで売却することで、取引先に多大な迷惑をかけるおそれも十分考えられることでもあります。

「M&Aを検討したいけれど、スムーズに進むかどうか不安」という方は、まずはこちらで流れと概要をチェック!M&A成功までの各ステップを噛み砕いてご紹介します。

「M&Aを検討したいけれど、スムーズに進むかどうか不安」という方は、まずはこちらで流れと概要をチェック!

詳しくはこちら