M&Aの手数料の相場

M&Aをするにあたり、まず初めに行いたいことは、信頼できる相談相手であるM&A会社を探すことです。
M&A会社は、M&Aの全般的なアドバイスから相手探し、交渉の立会い、法定書類の作成支援など、M&Aを成約に導くために依頼人の全面的なサポートを行います。ここでは、実際にM&A会社に仲介を依頼した際に発生する手数料についてご説明します。
手数料の仕組みや計算方法、相場についても紹介しておりますので、ご参考下さい。

M&Aの手数料は、着手金と成功報酬の2種からなる

M&Aを仲介する際の報酬体系は、一般的には
1.着手金
2.成功報酬(レーマン式)

の2種類からなります。
それぞれの内容は次のようになります。

着手金

着手金はM&Aの仲介を依頼することが決定し、企業と仲介機関の間でアドバイザリー契約を締結したタイミングで支払うのが一般的です。その金額は中小企業の場合だと50万~100万円ぐらいが相場ですが、売り手企業の規模や大きな案件になると数百万になることもあります。
着手金はM&A仲介業者の初期活動の諸経費として充てられ、依頼企業の本気度を確認するためのものでもあります。なおM&Aが成功しなかった場合でも着手金は戻りませんが、最近の傾向として着手金なしで完全成功報酬型の仲介会社も増えてきています。

成功報酬

成功報酬は、M&Aが成約したタイミングで仲介会社に支払うものです。もちろん成約しなかった場合には、支払う必要はなく、その金額は最終的な売却価格によって決まるのが一般的です。
下の表のように、最終的な成約金額に応じて掛け合わせるレート(手数料率)が異なる報酬体系のことを「レーマン式」と呼び、仲介会社の多くがこのレーマン式を採用しています。

M&A手数料の相場と事例

着手金の例(消費税別)

仲介会社が着手金を要求するのは、初期の段階でお金を支払うことでM&Aに対する依頼企業の本気度を高めるという意味も含まれています。

譲渡企業の簿価総資産額 手数料
10億円以下 100万円
10億円超50億円以下 200万円
50億円超 300万円

この表はあくまでも中小企業を前提とした金額で、売り手企業の規模応じてその額は変わります。

レーマン式成功報酬の例(消費税別)

下の表のように、最終的な成約金額に応じて掛け合わせるレート(手数料率)が異なる報酬体系のことを「レーマン式」と呼び、仲介会社の多くがこのレーマン式を採用しています。

成約金額が段階的に異なるレーマン式の計算方法を下表を例に説明すると、成約金額が3億円の場合、2億円×8%と1億円×6%の合計となります。成約金額に含める内容や考え方、レートなどは仲介企業によってそれぞれ違ってくるので、契約時にしっかりと確認しておく必要があります。
例えば表のように役員退職慰労金は成約金額に含めるのが通例ですが、それ以外にも買い手が引き継ぐことになる負債を含めたり、時価総額にさまざまな逓減レートを掛け合わせるようなケースもあります。

成約金額(役員退職金支給等を含む) 手数料率
2億円以下の部分 8%
2億円超5億円以下の部分 6%
5億円超10億円以下の部分 4%
10億円超の部分 2%

また、たとえ成約金額が少額であったとしても最低報酬金額が設定されている場合がほとんどです。

最低報酬の設定価格は、中小企業を対象とした仲介会社なら500万~1000万円が相場です。
この金額も事前に仲介会社に確認するようにしましょう。

報酬の支払いについて

仲介会社に報酬を支払うのは売却代金を受け取った人物になります。この時に、注意しなければいけないのは、株式を譲渡した場合です。株式を売却し譲渡代金を受け取るのは株主のため、成功報酬を支払うのは会社ではなく株主ということになります。
しかし、株主が支払いをすることを認識していないケースがあるため、事前に確認をしておく必要があります。