飲食業界による株式譲渡/売却額2億9700万円

バルニバービ〈3418〉、路次徹夫氏へR.Tパートナーズの全株式を譲渡

  • 売り手
    バルニバービ<3418>
    オーケー食品工業
  • 買い手
    株式会社R.Tパートナーズ代表取締役社長・路次徹夫
売上高
3億2000万円
業種
外食産業
売却金額
2億9700万円

バルニバービ(3418)は、路次徹夫氏へ株式会社R.Tパートナーズの全株式を2億9700万円で譲渡することを決定しました。株式会社R.Tパートナーズはバルニバービ(3418)の子会社であり、路次徹夫氏は株式会社R.Tパートナーズの代表取締役社長です。

株式会社バルニバービは、”食べるだけでなくその時間を豊かなものにする”を軸に外食産業を展開しています。「GARB Tokyo」や「青いナポリ Blue Bar」など直営店を経営するだけでなく、スイーツブランド事業や飲食店プロデュース事業など外食産業にまつわる事業を手広く手がけています。

R.Tパートナーズは、居酒屋「串亭」や鉄板懐石「二平」、食堂酒場「萬屋二平」など関東を中心に外食産業を展開していました。2017年10月に店舗運営やマネジメント力を評価されバルニバービ(3418)と株式交換を行い連結子会社となりました。ですが、期待された数値をクリアするのが難しいとしてR.Tパートナーズの路次代表取締役社長よりバルニバービへ、R.Tパートナーズの全株式の譲渡を打診しました。

このM&Aにより、バルニバービとR.Tパートナーズは、再びそれぞれの企業価値の向上を目指すことになります。

事例集

事例集