飲食業界での子会社化/売却額 非公表

ホルモン専門店「ホルモン青木」の杉江商事があみやき亭<2753>へ全株式を譲渡、子会社化へ

  • 売り手

    有限会社 杉江商事

  • 買い手
    あみやき亭<2753>
    あみやき亭
売上高
6億7100万円(平成30年11月期)
業種
飲食業(ホルモン・焼肉店)
売却金額
非公表

有限会社杉江商事は全株60株をあみやき亭<2753>へ譲渡し、子会社化することが明らかになりました。売却価格については非開示ですが、専門家によるデュー・デリジェンスを踏まえ、公正な金額を提示したとのことです。

2014年設立の杉江商事は、行列の絶えない人気店「ホルモン青木」をはじめとし、都内に6店舗のをホルモン・焼肉店を運営しています。激戦区の中にあり、常に人気を保つために徹底して実践しているのはお客様の立場に立つことという点です。煙が出やすいお店ですが、椅子や床に油のべとつきはなくクリーンで女性客もリピートしやすい環境を整えています。また、オリジナルチューハイなどアルコールメニューも魅力の1つであり、ひと手間かけることでさらに美味しくなり、一人あたりの単価も押し上げる要因となっています。

一方の、あみやき亭は焼肉と焼鳥を軸に、愛知と神奈川に設けたセントラルキッチンをフル活用した低価格かつ新鮮な食の提供が強みです。現在258店舗を展開しており、愛知と神奈川を中心に展開しています。居酒屋やダイニングなど多彩な業態の企業とM&Aを行っており、多彩なノウハウを吸収し東京エリアへの出店も視野に入れています。今回のM&Aは、都心エリアで人気の「ホルモン青木」のノウハウを活用した都心エリアへの出店の礎となるもので、グループ全体の成長を促す効果が期待されています。

事例集

事例集