IT業界での子会社化/売却金額 非公表

クリーク・アンド・リバー社、株式会社Gruneを子会社化し建築分野のソリューションを目指す

  • 売り手
    Grune
    Grune
  • 買い手
    クリーク・アンド・リバー社<4763>
    クリーク・アンド・リバー社
売上高
1億500万円
業種
ITコンサル・システム開発
売却金額
非公表

クリエイター・プロフェッショナルのサポートを目指し、現在映像やWebをはじめとした17分野でプロフェッショナル・エージェンシー事業を行っているクリーク・アンド・リバー社が、福島県に本社を置き、Web製作やシステム開発など高い技術力を持った人材が結集し活躍している株式会社Gruneの株式を取得し、子会社化することを発表しました。
株式譲渡実行日は2020年の7月10日で、取得価額は非公表となっています。

株式会社Gruneは2016年に設立され、VR・AR開発、Web関連で高い技術力を持っています。クリーク・アンド・リバー社では建築分野における人材事業に加え、建築展示場にVRを融合させた「超建築VR」にも取り組んでおり、Grune社の技術力が強力なバックアップにつながる可能性があります。

Grune社にとってもクリーク・アンド・リバー社の持つ顧客基盤を活用できることは、さらなる事業拡大や収益拡大につながります。Gruneの持つ技術は建築業界のみならず幅広い分野で活用が見込まれるだけに今回のM&Aは双方に大きなメリットがあるといえます。

事例集

事例集