IT業界での株式譲渡/売却額6億3200万円

フジソフトサービス、ナレッジスイートに全株式を売却し子会社化

  • 売り手
    株式会社フジソフトサービス
    株式会社フジソフトサービス
  • 買い手
    ナレッジスイート<3999>
    ナレッジスイート
売上高
2億6700万円(2017年3月期)
業種
システムエンジニアリングサービス
売却金額
約6億3200万円

株式会社フジソフトサービスは、ナレッジスイート(3999)に全株式160株を譲渡し、子会社となることを決定しました。譲渡価額は約6億3200万円です。

フジソフトサービスは「ホスト系ソフトウェア開発」「オープン系ソフトウェア開発」「システム運用及び管理業務」の3つの事業を柱に多種多様なITニーズに対応。高い技術を持ったスペシャリスト集団として知られていました。

一方のナレッジスイートは、社員の知識・経験を企業で共有し、生産性向上や働き方改革を後押しするグループウェアやSFAやCRMなどの営業支援システムの開発を手がけています。ビックデータとクラウドサービスに着目し「脳の記憶補助装置を作る会社」として日本のビジネスシーンに改革をもたらしました。

現状では2030年には59万人ほどのIT人材が不足すると観測されており、中でも、クラウド・IoT・ビッグデータや情報セキュリティ、人工知能・ロボット・デジタルビジネスは深刻な状況です。多種多彩な分野で先端IT技術者のニーズがより高まることは避けられないでしょう。このニーズに応えるべく今後、ナレッジスイートが培ってきたクラウドインテグレーションノウハウをベースに、即戦力となるIT技術者の育成を強化。また、フジソフトサービスと技術力や研究開発を共有することで事業拡大も視野に入れた計画を予定しています。

事例集

事例集