医療業界での孫会社化/売却額3億670万円

がん免疫療法技術開発会社RIRM(シンガポール)、燦キャピタルマネージメント<2134>の孫会社へ

  • 売り手

    RIKEN IMMUNE REGENERATIVE MEDICINE PTE.LTD.

  • 買い手
    燦キャピタルマネージメント
    <2134>
    燦キャピタルマネージメント
売上高
不明
業種
医療技術関連
売却金額
3億670万円

シンガポールの医療関連企業RIKEN IMMUNE REGENERATIVE MEDICINE PTE.LTD.は、株式全体の66.66%である300株を燦キャピタルマネージメントへ譲渡し孫会社化になることを決定しました。売却金額はアドバイザリー費用200万円を含む3億670万円と発表されています。

2018年6月に、ベンチャー企業である理研免疫再生医学の代表者・徳岡治衛氏たちとシンガポールの投資会社が共同で設立したRIRM。自然免疫で重要とされる「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」が持つ免疫記憶機能に着目し、がん免疫治療法の技術を実用化したことで注目を集めました。RIRMはこの技術を世界で普及させることも検討しており、将来的には抗腫瘍ワクチンなどさらに効率的ながん免疫治療を誕生させる可能性があります。

燦キャピタルは、民泊など不動産やエネルギー事業についての投資事業・投資マネジメント事業を国内外で展開。また、M&A事業も手がけるなど、多彩な分野で活躍しています。今回のM&Aによって、ここに海外医療機関等へ技術提供や専用のプラットフォーム開発などが加わります。

事例集

事例集