住宅設備・冷機部品事業での譲渡/譲渡額 約8500万円

児玉化学工業、世界状況を考慮し中国子会社を蘇州明強に譲渡

  • 売り手
    児玉化学工業<4222>
    児玉化学工業
  • 買い手
    蘇州明強塑料有限公司
    蘇州明強塑料有限公司
売上高
3億7800万円
業種
住宅設備・冷機部品
譲渡額
約8500万円

児玉化学工業は中国での事業開拓を目的として設立した無錫普拉那塑膠有限公司への出資持分を蘇州明強塑料有限公司に譲渡することを決めました。2020年3月31日が譲渡予定日で、譲渡価格は約8,500万円となっています。

児玉化学工業は三菱ケミカルグループの一社で、住宅設備や冷機部品事業及び自動車部品事業などを行っています。
無錫普拉那では住宅関連設備事業を行っていましたが、近年販売低迷が続いていました。今回のM&Aにより成型部品の二次加工や組立などの事業を行っている蘇州明強の傘下となりますが、これまでの合成樹脂加工技術を活かすことが可能となります。

また米中貿易摩擦の影響などもあり、状況が変化していることも今回のM&Aの決断に至った理由といえます。現時点では中国エリアでは改善の見込みはほぼない状況です。
児玉化学工業はタイやベトナムにも海外拠点があり、中国エリアから今回撤退はするものの今後の情勢の変化により拠点が増える可能性はあります。

事例集

事例集