保険業界での子会社化/売却金額 36億円

イオンフィナンシャルサービス、アリアンツ生命保険を子会社化し生命保険事業へ初参入

  • 売り手
    アリアンツ生命保険
    アリアンツ生命保険
  • 買い手
    イオンフィナンシャルサービス
    イオンフィナンシャルサービス
売上高
377億円
業種
生命保険
売却金額
36億円

イオングループ内で金融事業を行っているイオンフィナンシャルサービスが、世界で金融サービスを提供するアリアンツ生命保険の株式60%を取得し、子会社化することを発表しました。2020年3月31日に取得予定となっており、取得金額は36億円となっています。

イオンフィナンシャルサービスは、クレジット事業や銀行事業を取り扱うほか、代理店として複数の保険会社が提供する保険商品を販売してきました。今回のM&Aにより、イオンフィナンシャルサービスが直接保険商品を提供することになります。

アリアンツ生命保険は、ドイツの大手保険会社で2008年から日本で保険事業を展開しています。ただ近年は保険の売上が低迷しており、顧客管理のみを行っているのが現状となっています。アリアンツ生命保険の持つ金融に関する専門性を取り込み、新たな保険商品の提供をイオンは目指しています。またアリアンツが持つグローバルネットワークも大きな魅力であり、今回のM&Aにより、イオンは日本の保険業界を牽引するサービス提供会社として大きく前進することが見込まれます。

事例集

事例集