レーザー・FA関連機器の子会社化/売却金額 32億6700万円

ナ・デックス<7435>、レーザー・FA関連機器のタマリ工業グループを子会社化

  • 売り手
    タマリ工業グループ
    タマリ工業グループ
  • 買い手
    ナ・デックス<7435>
    ナ・デックス
売上高
15億8000万円
業種
レーザー・FA関連機器
売却金額
32億6700万円

レーザーやFA関連機器の設計・製作を主力とする株式会社タマリ工業グループ(売上高:15億8000万円)は、ナ・デックス<7435>へ全株式を売却し、子会社になることを発表しました。売却金額は、32億6700万円。
これに伴って、株式会社タマリ工業の100%子会社である株式会社シンテックと株式会社テクノシステムも合わせて子会社化することになります。

株式会社タマリ工業グループは、レーザーに関する生産設備の設計・製作に関して非常に高い技術を持っており、システムインテグレーターとしての機能を備えています。

ナ・デックスグループはこれまで自動車業界を中心に、製造・販売の事業を行なってきた。タマリ工業グループを子会社化することにより、レーザー事業においてもさらなるシナジー効果が見込まれると考えています。
さらにFAシステム事業と有機的な連携を図りながら、顧客への提供価値の向上とトータルソリューションを提供できる体制の構築についても一層加速させる。取得予定日は2019年11月1日としています。

事例集

事例集