赤字・債務超過の会社売却は可能なのか

企業買収、いわゆるM&Aは中小企業にとっても珍しくない選択肢です。買い手企業の需要を満たすことができれば会社売却、事業譲渡を問わず大きな収入を得られるでしょう。しかし、会社を売却するうえで気になるのが収支状況です。運営はできていても赤字であったり債務超過であったりする場合は本当に買い手がつくのでしょうか?

こちらでは赤字・債務超過の場合にM&Aの成功を分けるポイントをご紹介します。

赤字会社の売却は可能か

赤字があると会社のイメージが悪く買い手がつきづらいと勘違いされている経営者は多いと思います。しかし、赤字会社であってもたとえ債務超過があっても多くの会社にちゃんとした買い手がついています。
経営状態が悪くてもしかるべき企業再生を行うことで立ち直るケースも良くあります。したがって赤字だからと会社売却を諦めなくてよいのです。

そもそも決算書の額面では赤字だが、その赤字は役員報酬によるものであったり、計算された投資によるもので一時的なものであったりする場合は問題なく売却できることが多いです。
節税目的であえて赤字にしている場合も買い手企業は理解を示してくれます。譲受企業が注目するのはあくまで会社の実態と将来性です。

他社にはない強みの有無が売却のポイント

赤字や債務超過がある状態でも売却は可能です。しかし経営状態が良くない企業はそれだけ売却が難しくなるのもまた事実です。仮にうまく売却できたとしても赤字や債務の分を差引されるでしょう。

そのうえで、このようなポイントが重要になります。

優秀な人材や資産、技術

優秀な人材や欲しい資産、技術があれば買い手企業が「うちなら上手く活用できる」と判断してくれます。優秀な人材はどの会社も足りていない状態であり従業員が解雇される心配は少ないです。M&Aによってまとまった資産を手に入れられることも買い手企業にとってはメリットです。技術については他に競合できない、あるいは買い手企業の本業とシナジー効果が期待できると高く評価されます。

ここで大切なのは買い手企業にとってメリットがあることです。特に技術についてはシビアで特許が評価されないケースも珍しくありません。

安定した継続取引

安定した継続取引は会社の寿命を延ばします。たとえ収益が多くなくても太いつながりを持っていることは価値になります。

買い手企業の商品を売るためのよい営業先となることも考えられます。特に大企業の取引先があると高く評価されます。
目立った技術が無くても顧客リストの価値を求めて買収が成立することがあるので、他社との差別化に悩んでいる場合も諦めないでください。

収益性の良い事業

会社全体が赤字であっても収益性の良い事業を持っていれば買い手が見つかりやすくなります。M&A後に将来性のある事業に特化することも考えられるでしょう。場合によってはある事業部門だけを買いたいという企業が現れます。

この時は事業だけを売却する事業譲渡という手段が選択されますが事業譲渡の場合は売却するものの内容を具体的に決めなくてはいけません。そのため従業員を守りたい場合はそのための契約を交わすことや雇用を守りやすい会社分割の形を取ることがおすすめです。

赤字会社の売却を成功させる秘訣

赤字会社の売却を成功させるためにはこのようなポイントが重要です。特に、実質的に赤字や債務超過が見られる場合に求められます。

自社の強みを理解し、
セールスポイントをアピールする

自社のセールスポイントがどこにあるか見極めましょう。しかもセールスポイントは買い手企業に合わせて変えなければいけません。人材を求めているなら人材について、技術を求めているなら技術について、人脈を求めているなら顧客リストについてアピールするのが合理的と言えます。

いままでどこに自信を持って経営してきたのか、周りからはどのように評価されているのか、両方の視点が欠かせません。

経営改善を行う

経営状態が悪くても買い手はつくかもしれません。でも経営改善できるならそうするに越したことはありません。特に社内の統制ができていなかったり経理が不透明であったりすると買い手企業が買収をためらってしまいます。

「不正をしている企業を買収するリスクは取りたくない」と考えるのは当たり前のことですからアカウンタビリティを果たし、最低限の統率がとれるようにしてください。

売却のタイミング

そして、M&Aで大切なのはタイミングです。めまぐるしく変化するビジネスシーンにおいてチャンスはそう長く続きません。買い手企業の候補が現れたとしても放置していれば別の企業とM&Aを成立させてしまいます。

ことビジネスにおいては「善は急げ」が行動原則となります。それは中小企業の経営者であればだれもが自覚していることでしょう。

まとめ

赤字企業でも買い手企業の欲しがるポイントを理解すれば売ることができます。しかし、ちょうど良い買い手企業がちょうど良いタイミングで現れることは現実的とは言えませんね。自分で探すにしても限界があるはずです。

そこで会社を売りたいときは豊富な買い手企業にアプローチできるM&Aアドバイザリーの活用がおすすめです。M&Aアドバイザリーは売り手と買い手のマッチング及び交渉や手続きの代行をしてくれる強い味方です。

特に赤字企業を「高く売る」「経営改善する」ことを求めるならコンサルタントとしての実力が高いM&Aアドバイザリーを選んでください。事業コンサル型M&A会社なら会社の価値創出からM&A後の経営補助まで一気通貫型のサポートが受けることが可能です。

コラム

コラム