M&A会社 3タイプを徹底解説

「M&A会社」のタイプは大きく3種類に分類されます。M&Aでは、自社にもっとも適しているタイプのM&A会社を選択することが大切。正しい会社選びをすることで、理想的な売却の実現につながります。
どの会社を選べばよいか見極めるポイントは、自社の「規模」「M&Aの知識の有無」「コンサルを必要とするか否か」「緊急性」など。現在の状況や求める内容により、選択すべきM&A会社のタイプは異なります。そのため、“相談”の段階からM&A業界の特色について知っておく必要があるでしょう。 ここでは、3タイプそれぞれの特徴を解説し徹底比較。ひと目でわかりやすいよう工夫し、まとめました。あなたの会社にぴったりなM&A会社選びにお役立てください。

M&A会社の3分類

「金融」「事業コンサルティング」「仲介」の3タイプに分類されるM&A会社。各タイプ、それぞれが持つ特徴は大きく異なります。

金融系
野村證券、SMBC日興証券、みずほ銀行など
知名度が高く、金融ネットワークを生かした「豊富な案件数」が魅力
コンサル系
山田ビジネスコンサルティング、みそうパートナーズ、フロンティアマネジメントなど
事業の今後を考えた「顧客目線」での提案力、サポート力が魅力
仲介系
日本M&Aセンター、M&Aキャピタルパートナーズ、ストライクなど
取扱い案件数が多く、「スピーディー」な対応力と決断力が魅力

自社を売却する際は、上記のタイプ別の特徴を踏まえてM&A会社選びを行うことが大切。
これが、理想のM&Aを実現する重要な方法なのです。

分布図

金融系M&A会社

豊富な案件数が魅力

全国に多数の支店を抱える銀行、証券会社は知名度が抜群。そのため、多くの案件を抱えています。実績が豊富で買い手を納得させるシナリオ作成能力も抜群。さらに、海外への販路を持つという特徴も。ファイナンスのアドバイスも受けるなら、金融系がおすすめです。

事業コンサル系M&A会社

顧客目線でのサポート力が魅力

顧客の立場に立った丁寧なサポートを提供するのが特徴。コンサル会社の提案力により、バリューアップして売却することも可能です。顧客にとって、最良の結果となるよう戦略立案を優先するのはコンサル系だけ。事業承継の選択肢を幅広く提案してくれるので、M&Aがわからなくても安心です。

専門M&A仲介会社

スピーディーな対応力が魅力

ノルマ達成度合いで評価が決まることが多く、セールスマン色が強いのが仲介系の特徴。そのため、中小企業を中心に、早く契約を成立させることを目的とする傾向にあります。業績悪化により売却を急いでいる人にぴったりなM&A会社といえるでしょう。

サービス範囲・取扱規模からM&A会社を比較

M&A会社には3つのタイプがありますが、それぞれ取り扱う「案件の規模」が異なります。つまり、案件の大きさで顧客を選ぶM&A会社もあるということです。
また、タイプごとにサービス内容が異なることを理解することも重要。M&A会社の「サービス範囲」の違いにより、顧客が得られるメリットにも違いが生じるからです。期待通りの結果を得るためにも、最初にこの部分を見極めて会社を選択しましょう。

一貫してのトータルサポートで安心するなら事業コンサルティング系
案件数やマッチングスピードは金融系・仲介系が得意

金融系
M&A会社
事業コンサル
ティング系会社
仲介系
M&A会社
取扱規模

大規模

主要な対象企業は上場企業となっており、大手企業が対象

中規模~大規模

月次でコンサルフィーが発生するため、小さい会社は適していない

小・中規模

マッチングの効率アップのため、中小企業に絞ってサポートを行う

サービス
範囲
戦略立案

×

戦略が必要な手間のかかる中小企業は対応しないケースが多い

顧客の立場でじっくりと時間をかけてサポートするのが強み

×

セールスマン色が強く、成約までの速さに重点を置いている

リスト
アップ

全国に支店を持つ銀行、証券会社には自然と案件が寄せられる

コンサル重視のため金融・仲介に劣るものの、情報量としては十分

マッチング力を高める鍵となる情報を、とにかく多く集めている

マッチング

情報量に比例して、机上の条件によるマッチング力は高い

数では金融・仲介に及ばないが、比較検討する上では十分である

情報量に比例して、机上の条件によるマッチング力は高い

デューデリ
ジェンス

積み重ねた実績をもとに、事業価値を正確に見極めることができる

コンサル力を活かし、顧客の価値を見出す力、提案力がある

速く成立させるためには、買収監査に時間を割けないケースもある

クロー
ジング

上場企業など信頼性の高い案件を扱うため、比較的スムーズ

コンサルサポートが強みなため、成約までじっくりと時間をかける

マッチング力を活かし、素早い成約を実現することが可能

PMI

×

ファイナンスの相談は可能だが、PMIはサービス対象外である

強みであるコンサル力を活かし、M&A後の経営統合も重視

×

素早い対応を重視しており、PMIはサービス対象外である

タイプで選ぶ!どの会社に依頼するのが最適か?

多くの候補会社をリストアップ
してくれるM&A会社は?

「売却先は多数の会社から選びたい」
という企業の願いには、金融系が応えてくれます。

多数の案件リストアップに必要なのは、豊富なネットワーク力。
全国に支店を持つメガバンク・大手証券ならそれが可能です。
また、数100億円の案件など大規模な実績を有しており、海外に販路を持つのも魅力。
ただリストアップの点では申し分ないのですが、残念なことに小さい会社はサポート対応外。
主要な対象企業は上場企業などの大企業のため、規模の小さい会社の場合、仲介系のM&A会社に外注されてしまうでしょう。

高く売却できるM&A会社は?

「大切な会社だから高く売却したい」
という希望を叶えるのは、金融系とコンサル系。

知名度、ブランド力ともに申し分のない金融系の場合、ネットワークが豊富。そのため、数多くの案件をリストアップすることができます。
また、多数の実績をもとにしたデータと知識も豊富。
買い手に納得感を与えるシナリオ作成力にも期待できます。
さらに、コンサル系の場合は、顧客の価値を高める提案が可能。
2~3年間顧客のコンサルをし、業績アップ後に高値での売却を狙います。

売り手目線でトータルな
アドバイスをしてくれるのは?

「M&Aが十分理解できていない」「アドバイス
してほしい」という方におすすめなのはコンサル系。

経営者にとって最良の方法を提案するのがコンサル系。
たとえば、次のような事業承継の選択肢を、幅広く提案してくれます。

  1. オーナーとして株だけ所有し、経営については経営者に任せたい。
  2. オーナーとして経営もする。
  3. オーナー社長を会長に、番頭を社長にして10~20年経営を任せる。
    その後、会長の息子が社長になる。

「速く売りたい」という方には不向きですが、時間より内容に時間をかけたい人にはぴったり。期限にしばられず、じっくりと丁寧なサポートを受けることができます。

とにかく速く売却できる
M&A会社は?

「高齢で継続が不可能」「業績が悪い」などの
理由で速く売却するなら仲介系がおすすめ。

セールスマン色が強い営業会社であるため、とにかく成約への熱意が随一。
担当者は、「速く高く成約させる」ことに注力しています。
そのため、M&Aありき・成約ありきといった行動になりがち。スピードを求めるためには、どうしてもじっくりと時間をかけられないケースも…。
売り手目線のアドバイスを期待するのではなく、スピードを求めるなら仲介系が一番です。

系列別M&A専門会社一覧

金融系M&A会社

野村証券

M&A業務国内実績No.1。
中堅から上場企業まで実績が豊富なので、さまざまな案件・事例からヒントを得て可能性を広げたい方にぴったり。知名度という点では安心できる企業。

詳細・評判を見る

SMBC日興証券

顧客のライフステージを踏まえたM&A戦略で立案・分析を実施。営業譲渡、合併、資本提携、合弁会社設立などの実績も十分なため、多くの実績をもとにした提案が期待できる。

詳細・評判を見る

みずほ銀行

野村、SMBCと同様に多数の実績を持つ金融系M&A会社。これまで、多様なプロセスでの経験と知識を活かした買収・売却に関する専門的なアドバイスを受けることができる。

詳細・評判を見る

専門M&A仲介会社

日本M&Aセンター

中堅・中小企業の友好的M&A支援を特徴とする専門M&A仲介会社。全国5拠点・専門コンサル220名超体制でほぼ全ての業種をサポートし、素早い事業売却をフルサポートする。

詳細・評判を見る

M&Aキャピタルパートナーズ

中堅企業、中小企業を中心にM&A仲介サービスを行う会社。銀行、証券会社、税理士事務所など、協業先が豊富なのも特徴。適切かつスピーディーな売却先企業探しが期待できる。

詳細・評判を見る

ストライク

2017年6月、東京証券取引所一部に上場。幅広い業種で多数の成約実績を持つ。ネット上で譲渡や買収の相手先企業を探索する「M&A市場SMARTTM」サービスを開始した。

詳細・評判を見る

事業コンサル系M&A会社

みそうパートナーズ

事業承継、経営危機からの離脱、売却益習得のために徹底分析し、売り手の立場から最適なM&A売却戦略を提案。顧客の不安を全て解消するきめ細かいサポート力が期待できる。

詳細・評判を見る

山田 ビジネスコンサルティング

会計・税務・法律の専門家が支援するコンサルティング系M&A会社。M&Aが実行できない原因となる困難な問題を、専門家がワンストップで解消することを強みとしている。

詳細・評判を見る

フロンティアマネジメント

M&A戦略策定から実行、PMI(その後の統合)までサポート。世界各国のM&Aファーム約30社とのネットワークを構築し、クロスボーダー案件の紹介、実行支援を提供している。

詳細・評判を見る