専門M&A仲介会社

スピーディーな対応力で素早い売却が可能な専門M&A仲介会社

M&Aアドバイザリーを独立専業とするのが専門M&A仲介会社。銀行とは違い、融資などの取引の制約がありません。また、地銀との連携があり、地域密着型であることもひとつの特徴で、中には上場企業も。売り手、買い手の双方の仲介をすることが多く、中小、中堅規模の案件を扱っています。

この専門M&A仲介会社はセールス色が強いため、成約件数を増やすことが最優先。素早い契約を目標とし、比較的リースナブルな料金でM&Aサービスを展開しています。そのため、「業績悪化により早く会社を売却したい」という担当者におすすめ。データマッチング結果をもとに早急に対応できるので、もっともぴったりな会社といえます。

ただし、同時に何人もの顧客を抱えていることが多いのが専門M&A仲介会社のアドバイザー。常に数字に追われているため、忙しく時間に余裕がないのが現実。事業コンサル系M&A会社に比べて、手厚いフォローが難しいというデメリットも。
「じっくり相談に乗って欲しい」「M&Aのことがよくわからない」という方には物足りないかもしれません。

専門M&A仲介会社の業務内容

M&A会社は売り手企業と買い手企業をうまくマッチングさせてM&Aの成立およびその後の事業成長をサポートするのが仕事です。その中でも専門M&A仲介会社はM&Aの相手探し商談をまとめる業務に特化しています。

M&A仲介会社は売り手と買い手どちらの立場に偏ることなく、お互いが良いと思える相手と出会えるために努力をしますが仲介会社の場合は仲介そのものに重きを置いているため候補をリストアップする速さや契約成立までの手際の良さに優れています。

専門M&A仲介会社はマッチングの機会を増やすため大企業、中堅企業、中小企業問わず多くの会社とネットワークを持っています。「今すぐ会社を売り払いたい」「ゆっくり買い手企業を探していては潰れてしまう」という企業が駆け込む先としての役割を果たしています。

専門M&A仲介会社の特徴

特徴1セールス色が強くスピード力がある!

専門M&A仲介会社営業担当(アドバイザー)の多くは、買収成立のノルマ達成率により給与が増減します。そのため、セールス色が強く、ノルマ達成のために相当数をこなすことが要求されます。
そんなアドバイザーの特徴は、M&A成立に向けた無駄のないスピーディーな動き。専門M&A仲介会社の最大の魅力でもあります。「契約を急ぎたい」という同じ目標を持った顧客にとっては、もっとも理想的な会社といえるでしょう。高齢、業績の悪化などが原因で速く契約を締結したい人に、ぴったりの会社です。
ただし、相手先の見極めをスピード最優先の専門M&A仲介会社に任せるのは危険。しっかりと自分で見極めることが大事です。

特徴2決断力が強い!

M&Aを成功させるための秘訣のひとつとして挙げられるのが決断力。特に、「速く売却を!」という顧客の要望に応えるには、サポートするM&A会社にも強い決断力が必要です。専門M&A仲介会社の場合、担当者に課せられているのが大きなノルマ。そのため、自社にとっても早い決断が必要なケースが多く、顧客と同じ目的に向かって行動する点が強みといえます。

かといって、素早い決断を下すために不利な条件に目をつむることはありません。セールスマン色が強いので、高い金額で成約することが求められるからです。条件をしぶると契約未成立となってしまうこともあるため、ある程度のところで手を打つことも理解しています。
両者が納得のいく条件で契約締結できるよう動いてくれるため、ある程度一任することができます。

特徴3マッチング力を高めるための情報量が多い!

素早い契約を実現するためには、高いマッチング力が必要。M&Aを希望する買い手と売り手の中小企業情報を集めることにも力を入れています。そのため、顧客の希望にマッチする相手企業のピックアップ作業がスムーズ。机上の条件に合致した相手先(中小企業)を探すには理想的です。
ただし、売り手側の体質・気質、互いの相性など、細かい微調整を期待するのはNG。また、シナジー効果の高い候補先の絞り込みも甘くなりがち。しかし、スピード優先のためにはやむを得ないでしょう。数字だけでは測れない部分のサポートは難しいですが、スピードを最優先するなら最高の会社です。

専門M&A仲介会社とそれ以外のM&A会社の違い

分布図

金融系M&A会社(銀行/証券会社)との違い

金融系M&A会社は金融業の関係で多くの顧客企業とネットワークを持っています。そのため専門M&A仲介業者と比べて紹介できる企業数で見劣りしないでしょう。むしろ大企業とのネットワークについては専門M&A仲介会社に比べて優位にあると言えます。
金融系M&A会社は総じて大企業のM&Aに強く、全国紙に乗るようなニュースの裏側には大体関わっています。売却価格でいうと安くても10億円が目安です。しかし金融系M&A業者はM&Aを本業としているわけでないことから社内にM&Aノウハウが不足しているとサポートが薄いと感じてしまいます。場合によっては金融系M&A会社の実務を専門M&A仲介業者が担うこともあります。
いずれも候補企業紹介と成約の可否に重きを置いている点は共通します。

では専門M&A仲介会社が金融系M&A会社に比べてどんなメリットがあるか。それは中小企業案件への強さと交渉スピード、そして中立性です。まず専門M&A仲介会社は積極的にM&Aのニーズを探すため一般には知られていない企業の調査を怠りません、次にM&A仲介会社は仲介に特化しているため交渉スピードに自信があります。そして金融業者のように一部の顧客との利害関係が強くないので売り手企業、買い手企業のどちらにも中立です。利益相反が絡む事例はまずありません。

事業コンサル系M&A会社との違い

事業コンサル系M&A会社はクライアントにとって最良のM&Aを成立させることに特化したタイプで、M&Aによって得られる利益・効用にこだわっています。専門M&A仲介会社と比べると企業価値の明確化とM&A不安材料の解決からスタートする事業コンサル系M&A会社はマッチング→成約までのスピードが見劣りします。

そもそも事業コンサル系M&A会社に頼むということは「企業の問題解決、価値向上に本気で取り組む」ことを意味するため、拙速なM&Aでクライアントの利益を損ねるという事態を避けようとします。したがって事業コンサル系M&A会社を利用すべきは「数年かけて有意義な事業承継をしたい」「10年、15年先の未来を見据えたM&Aをしたい」と考える経営者です。

一方で専門M&A仲介会社はクライアントからの相談から売却までの流れが非常にスムーズで決断力に優れています。企業の存亡がかかっている時、売り時を逃したくない時は最適なパートナーになるでしょう。

専門M&A仲介会社と事業コンサル系M&A会社の共通点は中小企業への強さにあります。ただし事業コンサル系M&A会社は一社一社とのリレーションを重視するため紹介できる企業の数が少なめです。とにかく母数と選択肢を増やしたい、手早く買い手企業を見つけたいというニーズがあるなら仲介業務に特化した専門M&A仲介業者を選びましょう。

この2タイプは中堅企業・中小企業にとって一長一短です。

M&A仲介会社で発生する手数料

M&A仲介会社を利用した場合に発生する手数料について紹介します。この手数料が実際の取引金額から差し引かれますが、経費として譲渡所得税の計算時にも控除されます。

事前相談料

M&Aについて相談する際に、相談料がかかります。これは一般の案件で弁護士や税理士に相談する場合と同じです。事前相談料が無料という場合は一見にお得に見えますがその分他の料金が高めになっていることもあります。

目先の料金だけでなく全体の見積もりで判断しましょう。M&Aは大きなお金が動く契約のため事前手数料を無料にしている会社が多いです。

着手金

M&Aについて着手することによって発生する料金です。着手金とは初期段階の費用を賄うための料金ですから「着手金≠成功報酬を除いたもの」であることをご理解ください。

M&Aの仲介には成功報酬が設定されていますがM&Aの成約と関係なく支払う報酬には着手金のほか中間報酬、リテイナーフィー、デューデリジェンス費用があります。

着手金の費用は100〜500万円ほどです。M&Aをするには十分なキャッシュが必要です。

リテイナーフィー

月々に支払う手数料をリテイナーフィーと言います。M&Aは専門家数人のチームが稼働するため着手金だけでその費用を賄うことが不可能です。リテイナーフィーの相場は1ヶ月あたり30〜200万円ほどで、M&Aの成約が遅れるほどこの費用がかさみます。

リテイナーフィーで比べればスピード重視の専門仲介M&A会社は他のタイプに比べて安くなる傾向にあります。

中間報酬

中間報酬とは、ある程度の話がまとまった際に交わす基本合意契約の締結について支払う手数料です。成功報酬の1~2割が相場ですが基本合意契約が結ばれたからといって必ずしも本契約まで成立するとは限りません。

M&Aが頓挫してもこの費用が返還されない点にご注意ください。

デューデリジェンス費

企業の抱えるリスクや財務状況をはじめとする健全性の調査をデューデリジェンスと言います。デューデリジェンスは買い手企業にとって欠かせないプロセスでこの作業をおろそかにするとM&Aは失敗するし、売り手企業がデューデリジェンス対策をしなかったがためにM&Aそのものがご破算となったケースも多々あります。

デューデリジェンスにかかる費用は数10万円から300万円ほどです会計事務所や監査法人に対して支払います。

成功報酬

M&Aの成約によって支払う費用です。成功報酬は売却費用に比例して高くなりますが、多くのM&A会社はレーマン方式を採用しています。そのため取引金額が上がるほど成功報酬の比率が下がっていきます。

レーマン方式では次のように成功報酬を計算します。

  • 5億円以下の部分 → 5%
  • 5億円超〜10億円以下の部分 → 4%
  • 10億円超〜50億円以下の部分 → 3%
  • 50億円超〜100億円以下の部分 → 2%
  • 100億円超の部分 → 1%

例えば15億円の取引があった場合、成功報酬はこのように計算されます。

  • 5億円以下の部分 → 5億×5% = 2500万円
  • 5億円〜10億円の部分 → 5億×4% = 2000万円
  • 10億円〜15億円の部分 → 5億×3% = 1500万円
  • 15億円の取引についての成功報酬
  • = 2500万円+2000万円+1500万円
  • 6000万円

高い成功報酬を支払うということはそれだけ高い金額で成約したことを意味します。したがって成功報酬の出費は気にしなくてOKです。むしろその他の手数料をたくさん払ったのに大した額で成約できなかったケースの方が問題です。

最低手数料

最低手数料とはM&Aの成約に対して支払う最低限の報酬です。中小企業、特に小規模の会社の場合は売却が安くレーマン方式ではM&A会社が赤字になってしまうことがあります。そのような場合のために500万円〜2000万円ほどの成功報酬が決まっています。

M&Aの取引額は純資産や営業利益その他価値ある要素で決まります。取引金額における成功報酬の比率を減らしたいなら、やはり企業価値を高め適切なアピールをするほかありません。

専門M&A仲介会社が
お薦めの会社とは?

  • とにかく早く売却し契約を締結したい!
  • 経営者が高齢なので話を早急に進めたい!
  • 自社が中小企業で資金力がない。
  • 多くの中小企業の中から選びたい!
  • 買収監査(デユーデリデンス)、経営統合後などのサポートは不要!
  • 最低限のことだけを的確に対応してほしい!

専門M&A仲介会社を徹底比較

報酬形態から比較

専門M&A仲介会社は、会社により報酬形態が違います。そのため、他社と比較する際は、検討項目のひとつとして考慮するとよいでしょう。形態ごとにメリット・デメリットがあるため、会社ごとに実績などを比較することが重要です。

成功報酬型

着手金無料で、合意契約が締結した際に報酬を全額支払う形態です。M&A成約に至らなかった場合は、報酬を支払う必要がありません。そのため、気軽に相談できるというメリットがあります。
しかし、中には早く報酬を受け取るために、顧客にとって有益とはいえない買い手を紹介するケースも…。その他、売り手の情報を増やすためだけに契約を結ぶ場合もありえます。そのため、M&A会社の実績などから見極めることが大切です。

成功報酬型を採用するM&A会社には、次の3社などがあります。

  • ・M&Aキャピタルパートナーズ
  • ・日本M&Aセンター
  • ・かえでファイナンシャルアドバイザリー

着手金+成功報酬型

依頼が正式決定した際に報酬の一部を支払い、その後は合意契約締結時に成功報酬を支払う形態。基本的には、着手金を受け取った以上は買い手を探ししっかりとサポートします。しかし、悪質業者の場合、結局買い手を紹介してもらえなかった…というケースもあるので、注意が必要です。

着手金+成功報酬型を採用するM&A会社はこちらです。

  • ・ストライク

信頼性から比較

過去の実績などを踏まえた信頼性も、M&A会社を選ぶ基準となります。上場会社であれば、収益力、事業の継続性、経営の健全性などの企業価値が評価できるという判断につながるでしょう。

上場企業

  • ・M&Aキャピタルパートナーズ
  • ・ストライク
  • ・日本M&Aセンター

得意業界から比較

それぞれM&Aを得意とする業種・分野が存在します。自社の業界と合致するかどうかを確認して検討することも大切でしょう。

各社得意分野

  • ・M&Aキャピタルパートナーズ:調剤薬局・ヘルスケア業界に強み
  • ・日本M&Aセンター:製造業に強み

M&A仲介会社を見極めるポイント

M&Aは適切なM&A会社を選ぶことで成功確率が高まります。その会社にどんな特徴とメリットがあるのか見極めましょう。M&A仲介会社を選ぶ時はこれらのポイントが重要です。

M&A会社の得意分野を理解する

世の中には数え切れないほどの会社があり、それぞれが特徴を持っています。M&A会社もクライアントとなる会社の特徴に合わせた運営をすることが効率的であることは言うまでもありません。そのためM&A会社はある程度の得意不得意が明確になります。

どの業界が得意なのか、どのタイプのM&Aに長けているのか、どのようにクライアントをフォローしてくれるのかといった部分に差が出ます。

例えば「中堅企業の事業承継に強く、未来の戦略をしっかり立てられるM&A会社」と言うだけでも相談候補がわずか数社に絞られるでしょう。

自社の規模にあったM&A会社を選ぶ

自社の規模に合ったM&A会社を選びましょう。概ね金融業者は大企業案件や大きな案件に強く、事業コンサル系は中小企業の案件に強いです。専門M&A仲介会社は幅広い規模に対応していますがやはり中小企業の取り扱いが多いです。

各社が得意とする規模を知らずに相談すると門前払いにされてしまうことが考えられます。少なくとも中小企業の経営者が金融系M&A会社に相談しても引き受けてもらえません。逆に大企業だからどの会社も引き受けてくれると限らないのがM&A会社選びの重要なポイントとなります。

料金体系が自社に合っているかどうか

料金体系も各社によって異なります。着手金などの基本となる手数料が高い会社と完全成功報酬で運営している会社は実はどちらが高いと一概に言えません。

M&Aにかかる料金は成功報酬の高さと、各種手数料の合計、M&Aにかかった期間など様々です。確実なことは実際に行動しないとわかりませんがある程度の相見積もりは取るべきです。

ちなみに、M&Aにかかる出費を減らしたいならPMIをスムーズに行えることや節税に強いこともM&A会社選びで優位に働きます。

ネットワーク数がどれほどあるか

ネットワークの広さは重要です。候補となる会社が多いほどクライアントのチャンスが広がるからです。もし、サービスの質が良くてもネットワークが狭ければ一社も紹介できないことになります。

もちろんネットワークの強さは規模だけでなく業界によっても得意不得意が見られます。

担当者は信頼できるか

やはり重視すべきは担当者です。M&Aは会社にとって経営者にとって重要な決断ですから多くの方が誰にも相談できずにいます。その心に寄り添い信頼できるパートナーであることが担当者に求められる資質です。

相談した時の対応に心許なさが見える、M&Aについての知識・経験が乏しい、クライアントに対する敬意が見られない、目先の利益ばかり考えている…こんな担当者に任せてしまうと損失が高まります。

専門M&A仲介会社 一覧

日本M&Aセンター

中堅・中小企業の友好的M&A支援を特徴とする専門M&A仲介会社。全国5拠点・専門コンサル220名超体制でほぼ全ての業種をサポートし、素早い事業売却をフルサポートする。

詳細・評判を見る

M&Aキャピタルパートナーズ

中堅企業、中小企業を中心にM&A仲介サービスを行う会社。銀行、証券会社、税理士事務所など、協業先が豊富なのも特徴。適切かつスピーディーな売却先企業探しが期待できる。

詳細・評判を見る

ストライク

2017年6月、東京証券取引所一部に上場。幅広い業種で多数の成約実績を持つ。ネット上で譲渡や買収の相手先企業を探索する「M&A市場SMARTTM」サービスを開始した。

詳細・評判を見る

GCA

代表は海外経験も豊富な渡辺氏。世界10か国に拠点を持ちグローバル案件に定評があり、大手企業を専門に扱っています。M&Aの実施だけでなく顧客自身が学ぶ場の提供も行っています。

詳細・評判を見る

レコフ

長い歴史の中で蓄積した豊富なデータを武器に、数字だけでなく両者の相性を加味したM&Aを実践しており初めての時も安心できる事業コンサル系M&A会社です。

詳細・評判を見る

かえでファイナンシャルアドバイザリー

完全成功報酬制を採用した専門M&A仲介会社で、中小企業から中堅までを得意としています。またクロスボーダーM&Aに豊富な実績を持ち、海外では特にインド企業とのM&Aに力を入れています。

詳細・評判を見る

インテグラル

日本におけるM&A界の重鎮といわれる佐山氏を筆頭に、経営と財務の両面から一括してサポートする専門M&A仲介会社です。信頼関係を大切にしたサポートに定評があります。

詳細・評判を見る

アンドビズ

日本M&Aセンターが設立したマッチングプラットフォーム。これまでに培った豊富なノウハウを武器に、M&Aとは縁の薄かった中小や中堅企業が低コストでM&Aに参加できることが強み。

詳細・評判を見る

FUNDBOOK

中小企業を対象としたM&Aプラットフォームを構築したFUNDBOOK。着手金や紹介料など諸費用を無料にし、成功報酬制のみでサービスを展開。中小企業のM&Aへのハードルを下げ、小規模M&Aを推進しています。

詳細・評判を見る

TRANBI

M&A難民と呼ばれる中小企業でも自由度の高いマッチングが期待できるマッチングサイト。登録ユーザー数は10,000社を突破しており、日本有数の事業承継・M&Aマーケットといえる存在です。

詳細・評判を見る

インテグループ

M&Aが成立しなければ費用は発生しない完全報酬型を採用したコンサルティング・アドバイザリー。専任担当者がワンストップで誠実に対応し、中小企業でも利用しやすい環境を整えている。

詳細・評判を見る

CBパートナーズ

医療・介護・薬局系のM&Aを専門に取り扱う専門家集団。前身企業から引き継いだ業界のノウハウやネットワークをフルに活用し、誰もが納得できるM&Aを目指します。

詳細・評判を見る

エムレイス

中堅・中小企業の円滑で迅速なM&Aを支援するM&A仲介会社。強力なネットワークを武器に満足度の高いM&Aを実現し完全成功報酬制であり依頼しやすさにも定評があります。

詳細・評判を見る