株式会社FUNDBOOKの口コミ・評判【専門M&A仲介会社】

売り手も買い手も「ハッピーライフ」となる選択を可能にしたM&Aプラットフォーム

FUND BOOKは案件の少なさや手数料のことなどで今までM&Aに踏み切ることができなかった中小企業の経営者を対象としたM&Aプラットフォームです。

今まで日本国内では、中小企業を対象とするM&Aを行う場が少なく、うまく相手企業を見つけることができない現実があり、その結果、妥協した結果で会社の売却を決めてしまう企業や、M&Aに踏み切れず諦めてしまう企業が多く存在しました。

またM&Aは思った以上にコストがかかり、手元に残るお金はほんの少しになってしまっていたこともM&Aが身近にならなかった一因です。

FUNDBOOKは、これまで妨げになってきたこのような課題を解決するべく、着手金や紹介料など諸費用を無料にし、成功報酬制のみで実施できる環境を整えました。ビッグデータを活かした独自のM&Aプラットフォームを武器にM&Aの世界を変えていく黒船的存在といえるでしょう。M&Aに興味はあるけれど今まで実行に移すことができなかった中小・零細企業経営者にとっての大きな味方になることが期待されます。

FUND BOOKは案件の少なさや手数料のことなどで今までM&Aに踏み切ることができなかった中小企業の経営者を対象としたM&Aプラットフォームです。

今まで日本国内では、中小企業を対象とするM&Aを行う場が少なく、うまく相手企業を見つけることができない現実があり、その結果、妥協した結果で会社の売却を決めてしまう企業や、M&Aに踏み切れず諦めてしまう企業が多く存在しました。またM&Aは思った以上にコストがかかり、手元に残るお金はほんの少しになってしまっていたこともM&Aが身近にならなかった一因です。

FUNDBOOKは、これまで妨げになってきたこのような課題を解決するべく、着手金や紹介料など諸費用を無料にし、成功報酬制のみで実施できる環境を整えました。ビッグデータを活かした独自のM&Aプラットフォームを武器にM&Aの世界を変えていく黒船的存在といえるでしょう。M&Aに興味はあるけれど今まで実行に移すことができなかった中小・零細企業経営者にとっての大きな味方になることが期待されます。

株式会社FUNDBOOKのM&Aに関する評判・口コミや取り組み

今、中小企業経営者の方々が、やむなく廃業を選択するケースが増えています。しかし、あきらめないで解決策を探し続ければ、きっと光が見えてきます。
今、中小企業経営者の方々が、やむなく廃業を選択するケースが増えています。しかし、あきらめないで解決策を探し続ければ、きっと光が見えてきます。「株式会社FUNDBOOKのM&A事業は、そんな光のひとつになれる」と考えています。

出典:廃業に追い込まれる中小企業が激増…M&Aに申し込み殺到のワケ:Business Journal
https://biz-journal.jp/2018/01/post_21931.html

「ハッピーリタイア」を迎える

田中社長は最終的に吉田物流(仮称)にタナカ物流の株式を100%譲渡することを決めました。吉田物流の売上高は約10億円。経営者はまだ40代で、田中社長は息子に会社を託すような思いで譲渡を決めました。その後、役員や従業員はいっさい変わらず、待遇も維持されました。グループ力が強化されたため、今まで以上に仕事が増え、業績も右肩上がり。田中社長は、経営から身を引き、株式譲渡代として2億円あまりを手にして、「ハッピーリタイア」を迎えることができました。

出典:「中小企業2000万人」の雇用が超危ない:プレジデントオンライン
https://president.jp/articles/-/23894?page=3

不公平を解消し、譲受企業と譲渡企業いずれにとっても平等な選択肢を提供したい

多くの場合、譲受企業のほうが、譲渡企業よりもM&Aに関するリテラシーが高い。アドバイザーなしで取引に臨むと専門知識が不足しているがゆえに、いいように安く買いたたかれて泣き寝入りするといったリスクもはらんでいました。こうした不公平を解消し、譲受企業と譲渡企業いずれにとっても平等な選択肢を提供したいと考えています。

出典:FUNDBOOKが描く、健全なM&Aが行われる未来:FORBES JAPAN
https://forbesjapan.com/articles/detail/21655

これまでの仲介業者にありがちとされていた不満をすべて解消してくれると、顧客からも好評

評価を高めているのが、FUNDBOOK(ファンドブック)のサポート体制です。売り手企業と買い手企業をつなぐプラットフォーム型企業のFUNDBOOK(ファンドブック)は、これまでの仲介業者にありがちとされていた不満をすべて解消してくれると、顧客からも好評を集めています。

出典:FUNDBOOK(ファンドブック)に注目!次世代M&A企業の仕組みとは?サポート体制や評判まで:末永奨の企業とか芸能を書くブログ
https://ameblo.jp/direscare/entry-12374158045.html

より多くの企業が満足できるM&A仲介を

ファンドブックには従来型のM&A仲介で長年経験を積んできたアドバイザーチームと、プラットフォームの開発を進める有能なエンジニアチームが在籍し、「どのように譲渡企業、譲受企業にとってより良い M&A を提供できるか」を考えながら日々の業務に取り組んでいるようです。
M&A仲介やM&Aプラットフォームはこれまでも存在していましたが、この両軸を上手く組み合わせてシナジーを生むことで、より多くの企業が満足できるM&A仲介を行えるのではないかと考えているようです。

出典:今話題のファンドブックとは!M&A/事業継承/後継者問題のプロ!その評判まで:知るカンパニー
https://shiru.company/fundbook/

株式会社FUNDBOOKについて

会社名 株式会社FUNDBOOK
英文社名 FUNDBOOK, Inc.
設立日 2017年8月7日
代表取締役CEO 畑野 幸治
資本金 10億円(資本準備金含む)
事業内容 コンサルティング業務
ホームページURL https://fundbook.co.jp/
本社所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー24F
お問い合わせ先 TEL:03-3591-5066

専門M&A仲介会社

日本M&Aセンター

中堅・中小企業の友好的M&A支援を特徴とする専門M&A仲介会社。全国5拠点・専門コンサル220名超体制でほぼ全ての業種をサポートし、素早い事業売却をフルサポートする。

詳細・評判を見る

M&Aキャピタルパートナーズ

中堅企業、中小企業を中心にM&A仲介サービスを行う会社。銀行、証券会社、税理士事務所など、協業先が豊富なのも特徴。適切かつスピーディーな売却先企業探しが期待できる。

詳細・評判を見る

ストライク

2017年6月、東京証券取引所一部に上場。幅広い業種で多数の成約実績を持つ。ネット上で譲渡や買収の相手先企業を探索する「M&A市場SMARTTM」サービスを開始した。

詳細・評判を見る