GCAの口コミ・評判【専門M&A仲介会社】

海外企業や上場企業のM&Aが評判
会員制のセミナー開催などM&Aの啓蒙活動も行う

日本のみならずアメリカやヨーロッパ、10か国15拠点でグローバルに活動する仲介系M&A会社「GCA」。M&Aを専門とした企業で2012年には東京証券取引所市場第一部に上場を果たしました。代表の渡辺氏はアメリカ監査法人や、世界4大会計事務所であるKPMGでの経験があり海外企業の案件売り買いに関わるグローバルな視点には定評があります。

マネーゲームやビジネスブローカー行為ではなく、人も企業も幸せになれるM&Aを目指しておりリピーター企業も少なくありません。専門的なプロフェッショナルを売りにしており、阪急ホールディングスと阪神電気鉄道のM&Aを担当。

主に上場企業を取り扱っており、中小企業の取り扱いはほとんどありません。法人を対象にした有料会員制「GCAクラブ」を設立し、知識の共有やセミナーやM&Aについて深く学ぶ場を提供しています。

コンサルタントは優秀な人が多いと評判ですが、M&Aの手法を熟知し経験豊富な人材をハンティング するのではなく、クライアントの経営理念を尊重した計画を立てられる人財を採用し、生き生きと働けるようサポートする社風です。

日本のみならずアメリカやヨーロッパ、10か国15拠点でグローバルに活動する仲介系M&A会社「GCA」。M&Aを専門とした企業で2012年には東京証券取引所市場第一部に上場を果たしました。代表の渡辺氏はアメリカ監査法人や、世界4大会計事務所であるKPMGでの経験があり海外企業の案件売り買いに関わるグローバルな視点には定評があります。

マネーゲームやビジネスブローカー行為ではなく、人も企業も幸せになれるM&Aを目指しておりリピーター企業も少なくありません。専門的なプロフェッショナルを売りにしており、阪急ホールディングスと阪神電気鉄道のM&Aを担当。主に上場企業を取り扱っており、中小企業の取り扱いはほとんどありません。法人を対象にした有料会員制「GCAクラブ」を設立し、知識の共有やセミナーやM&Aについて深く学ぶ場を提供しています。

コンサルタントは優秀な人が多いと評判ですが、M&Aの手法を熟知し経験豊富な人材をハンティング するのではなく、クライアントの経営理念を尊重した計画を立てられる人財を採用し、生き生きと働けるようサポートする社風です。

GCAのM&Aサービスの特徴と評判

  • 特徴と評判1

  • 特徴と評判2

  • 特徴と評判3

GCAはグローバルM&Aに主眼を置いたM&Aアドバイザリーです。日本の企業がどんどん海外展開できるように何をすべきか、どのようなリソースが必要なのかをしっかり考えて丁寧なサポートをしていると評判です。代表はアメリカの監査法人出身で、アメリカにニューヨークとサンフランシスコの2拠点を構えています。海外の会社とのつながりを強さは事業売却とともに事業買収でも発揮され、日本進出を目指す海外企業のニーズにも対応しています。
つまり、御社の事業を買いたいと考えている海外企業と出会いやすいということです。M&Aをより良いものにするために、買収防衛や事業再生、事業承継に必要なサポートを進出する国や地域に合わせて行います。法務や経理、税務のプロフェッショナルは350名そろっています。

GCAの報酬体系と特徴・取扱規模

手数料
(報酬体系)
着手金と成功報酬(買収価格の1%~3%が目安)
特徴 アメリカやヨーロッパにも拠点を持ち、クロスオーバーM&Aも得意分野。大企業の世界進出などにも関わっています。
取扱規模 大企業が中心

このような会社は、GCAと相性が抜群です!

上場している大企業

GCAは上場している大企業と相性の良いアドバイザリー会社です。力のある企業がさらに会社の規模を大きくしていきたい、事務所を増やしたいというときも経営戦略の面でサポートしてくれます。海外展開するということは、世界規模の企業がライバルや共闘する相手になるということになります。

会社の内部に対しても経営ビジョンやビジネスモデル、人事のあり方などを事業拡大に向いた形に設計してくれます。

会社のこだわりを理解して継承してほしいと思っている会社

大きな決断をする過程で、目先の利益や状況に流されてしまうケースは少なくありません。しかし、GCAはあくまでもクライアントの利益を第一に考えます。

GCAは独立したM&Aアドバイザリー会社で資本系列の利益を考えずにサービスの提供を行えます。よって、会社のこだわりを理解し、テーラーメイドと言える継承プランを考えることが可能です。国ごとの文化の違いについても、海外案件の知見を活かして対処してくれます。

M&Aを通して海外展開を期待している会社

GCAは日本企業が海外で戦えるためのサポートを強みとしています。上海、シンガポール、テルアビブ、ニューヨーク、ロンドンなど10か国15の拠点に拠点を置いているため、アジア以外の市場に海外M&Aを求める会社の望みをかなえてくれるでしょう。
特に拠点数が多いのがヨーロッパですから、欧州展開を考えている企業にオススメできます。

アドバイザリー業務だけでなく経営支援や事業再生など幅広く業務を取り扱い、産業間の連携にも強みを持っている会社です。
豊富なネットワークを活かし、これからさらに事業を拡大していく「攻めの経営」を目指す社長の強力なパートナーになるでしょう。

GCAの問い合わせ対応・資料請求について

GCAへのM&Aへの
問い合わせ方法

会社代表電話またはWebサイトからお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム
http://www.gcaglobal.co.jp/global-networkcontact/ contact-us/

こちらにメッセージを入力して送信できます。
「M&Aについて相談してみたい」という企業担当者の方は、些細なことでも疑問を解消することから始めてみてはいかがでしょうか。

資料請求でもらえる書類について

請求資料に含まれていた書類

  • ・会社概要

問い合わせした際の
担当者の対応は?

会社代表電話へ問い合わせをしました。
業界を聞かれ、製造業と伝えたが、担当が細かく分かれているためより詳しく知りたいと言われ、工場用機械を海外へ輸出する商社と伝えました。
担当者から1~2時間で折り返しとのことでしたが当日電話は無く、翌日担当者から連絡がありました。上場しているかどうか、業界、事業内容を再度聞かれました。詳細が分からないとご提案できないため、直接会えないか聞かれました。東京以外には大阪にも拠点があるため、近い人は会って相談をするのも1つの方法だと思います。
最終的にメールで資料を送ってもらうように依頼をし、受け取ることができました。

資料の内容は?

計37ページに渡る資料でした。
資料には、会社概要はもちろん、アドバイザリー実績、14のセクター別実績、海外拠点、国内M&A関連サービス業務、CGAクラブ紹介について書かれていました。
実績は国内外問わずあり、有名大手企業が目立ちました。

GCAについて

会社名 GCA株式会社
英文社名 GCA Corporation
設立日 2004年4月1日
代表執行役社長 渡辺 章博
資本金 2億円
事業内容 M&Aファイナンシャルアドバイザリー業務
ホームページURL http://www.gcaglobal.co.jp/
本社所在地 〒100-6230 東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内30階
お問い合わせ先 03-6212-7100

専門M&A仲介会社

日本M&Aセンター

中堅・中小企業の友好的M&A支援を特徴とする専門M&A仲介会社。全国5拠点・専門コンサル220名超体制でほぼ全ての業種をサポートし、素早い事業売却をフルサポートする。

詳細・評判を見る

M&Aキャピタルパートナーズ

中堅企業、中小企業を中心にM&A仲介サービスを行う会社。銀行、証券会社、税理士事務所など、協業先が豊富なのも特徴。適切かつスピーディーな売却先企業探しが期待できる。

詳細・評判を見る

ストライク

2017年6月、東京証券取引所一部に上場。幅広い業種で多数の成約実績を持つ。ネット上で譲渡や買収の相手先企業を探索する「M&A市場SMARTTM」サービスを開始した。

詳細・評判を見る