金融系M&A会社

メガバンク・証券会社・地方銀行などからなる金融系M&A会社

金融系に分類されるM&A会社には、大手証券会社、投資銀行などが含まれます。基本的に大手の上場企業、もしくは大型案件を対象にアドバイザリー業務を提供するのが特徴です。そのため、中小企業を対象とした案件は取り扱わないのが通例です。

大規模案件として扱われる企業ご担当者がM&Aの相談をされる場合は、この金融系M&A会社に相談するのがおすすめ。大型案件では融資が必要となることも多いため、トータル的なアドバイザーとして選んでみてはいかがでしょうか?

金融系M&A会社の特徴

特徴1M&A候補会社のリストアップに長けている

金融系M&A会社には、証券会社、銀行などが含まれます。金融系会社は信頼性が高いため、「まずは銀行に相談する」という会社が多数。そのため、証券会社や銀行のM&A担当者は、多くの案件を抱えています。その種類は多種多様。大手証券会社、メガバンク、地銀・信金など規模によっても異なりますが、基本的にはそれらの中から上場企業を中心とする案件を取り扱っています。
なお、後述しますが、金融系M&A会社は大きく外資系と日系に分類されます。その中でも外資系の場合、特に海外案件が多いです。

特徴2取り扱うほとんどの案件が大規模な案件!

金融系M&A会社が扱う案件は、上場企業など大規模な案件が中心。大型であればあるほど手数料が増大します。そのため、世間一般的に知名度、実力ともにアピール度が高い金融系M&A会社は、大きな案件ばかりを選んで扱うことが多くなります。
中には中小企業を扱うケースもありますが、案件全体の中での優先順位は当然ながら低くなります。そのため、満足のいくサポートが受けられるかどうかは担当者次第といえそうです。

特徴3外資系は海外企業とのM&Aが多数、日系は多種多様な案件を経験!

外資系の証券会社、銀行などは、海外企業とのM&A案件が多数。また、大型案件の中でもより大規模の案件を扱うことが多くなっています。超大規模案件、かつ海外企業との合併・企業買収などを検討されている場合は、外資系の金融M&A会社を選択されるとよいでしょう。
一方、日系の金融M&A会社も大型案件を扱いますが、外資系と比較すると中型案件を扱うケースもあります。この場合、多種多様な案件を複数同時に掛け持ちでサポートすることが多いようです。

分布図

金融系M&A会社が
お薦めの会社とは?

  • 多種多様な案件・候補先企業から選びたい!
  • とても信頼する担当者が在籍する
  • 銀行・証券会社に依頼したい!
  • M&Aだけでなくファイナンスの支援を受けたい!
  • 資金調達について相談しながらM&Aを進めたい!
  • 上場しており、売上規模100億以上である。
  • 海外企業との合併を考えている。
  • ある程度、M&Aに関する知識がある。

金融系M&A会社を徹底比較

金融系M&A会社は、更に大きく次の2タイプに分類されます。

  • メガバンク/大手証券会社
  • 地方銀行・信用金庫

メガバンク/大手証券会社

メガバンク

メガバンクは、いわゆる巨大な都市銀行のことで、次の4社があげられます。

  • ・三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • ・みずほフィナンシャルグループ
  • ・三井住友フィナンシャルグループ
  • ・りそなホールディングス

ピックアップした上記企業は、情報ネットワークに優れており、M&Aに関する情報量、ノウハウは十分。しかし、M&Aで取扱う案件の規模が大きいという特徴があるため、中小企業の案件は後回しにされてしまうことも…。また、手数料が高いこともあるため、上場企業など大規模案件の相談先として向いています。なお、外資系は海外企業とのM&Aが多いといえるでしょう。

大手証券会社

大手証券会社は以下の通り。

外資系:ゴールドマン・サックス証券、 三菱UFJモルガン・スタンレー証券、 JPアセット証券、メリルリンチ、日本証券、UBS証券など
日系:野村証券、SMBC日興証券、大和証券、みずほ証券、日興証券など

メガバンク以上のノウハウと情報量、そして実績を持つのが大手証券会社。M&Aの実力は、どこよりも素晴らしいといえますが、やはり手数料の金額が高額なのが特徴です。年商数十億円という企業が中心で、年商数億円程度の中小企業は扱っていないところがほとんどです。
ちなみに、最近は中堅以下の証券会社もM&Aサービスを展開するところがあります。しかし、その実態は、十分に確立されていないことが多いといわれています。ネットワークが少なく人員の入れ替わりも激しいため、M&Aのノウハウや情報量が少ないのがその原因。今後、多数の実績を積み重ねていけるかどうかがポイントといえそうです。

地方銀行・信用金庫

地方銀行

埼玉りそな銀行、静岡銀行、京都銀行、広島銀行、福岡銀行、三重銀行など

信用金庫

横浜信用金庫、埼玉縣信用金庫、朝日信用金庫、浜松信用金庫、城南信用金庫、おかやま信用金庫、アイオー信用金庫など

地銀・信金においては、特に、経営戦略や後継者問題に悩む地方経営者からの相談が増えてきています。そのため、事業譲渡などのM&Aマッチングサービスが伸びつつあります。しかし、金融機関によっては企業価値評価などのスキルが不十分であったり、M&Aに対する力の入れ方が乏しく情報収集力に劣ったりするケースも。そのため、利用者側がきちんとその見極めを行う必要があります。その見極めに失敗すると、「話が一向に進まない」という事態に陥る危険性もあるため、注意が必要です。
その他、戦略の立案やPMI(M&A後の経営統合)部分はノータッチなことが多く、M&Aの作業部分のみが対応範囲になることが多いといえます。

金融系M&A会社 一覧

野村証券

M&A業務国内実績No.1。
中堅から上場企業まで実績が豊富なので、さまざまな案件・事例からヒントを得て可能性を広げたい方にぴったり。知名度という点では安心できる企業。

詳細・評判を見る

SMBC日興証券

顧客のライフステージを踏まえたM&A戦略で立案・分析を実施。営業譲渡、合併、資本提携、合弁会社設立などの実績も十分なため、多くの実績をもとにした提案が期待できる。

詳細・評判を見る

みずほ銀行

野村、SMBCと同様に多数の実績を持つ金融系M&A会社。これまで、多様なプロセスでの経験と知識を活かした買収・売却に関する専門的なアドバイスを受けることができる。

詳細・評判を見る

埼玉りそな銀行

​埼玉りそな銀行に口座を持つ法人・個人を対象としたM&A会社です。580店もの支店網を持つ金融機関ならではの知識と情報、きめ細かいサポートに定評があります。

詳細・評判を見る

静岡銀行

M&A仲介会社である竹中パートナーズと提携し、海外も視野にいれ中小企業の抱える多様な問題を解決に導きます。東海地方に盤石な地盤を持ちますが全国規模のM&Aも定評があります。

詳細・評判を見る

京都銀行

本格的に取り組むために2017年にはM&A推進室を設置。70年の歴史で培った信頼性やコンサルティング力に最新の手法を取り入れた顧客が理想とするM&Aを実現しています。

詳細・評判を見る

広島銀行

中小企業の事業承継や事業再生など地域経済全体の活性化への積極的な取組で、M&A業界内でも一目を置かる存在。​JBICと協力し中堅・中小企業の海外M&Aも促進しています。

詳細・評判を見る

福岡銀行

預金・貸出金ともに全国トップクラス!地域密着型金融の福岡銀行は勢いのある8地銀と業務提携を行いました。九州のみならずカバーできる範囲を着々と広げています。

詳細・評判を見る