京都銀行の口コミ・評判【金融系M&A会社】

多数のM&A支援会社と提携!
M&A推進室を設置しサービスを拡大した地方銀行

地方銀行の中で、近年、特にM&Aサービスに重点を置くのが京都銀行。2017年4月に、M&A推進室を設置したことを発表しました。

営業支援の一部としてではなく、顧客の多様化・高度化する顧客ニーズに応えるため、M&Aサービスに本格的な取り組みを開始しました。

地方銀行ならではの地域密着型のM&A業務が主で、70年以上の信用性がとても高いのが特徴です。また、担当行員5名は、行内外の研修などにおいて「最新のM&A手法、クロージングまでの一連の実務ノウハウ」など幅広い専門知識を習得しています。

コンサルティング力を発揮するなどM&A業務への対応力を一層強化することで、顧客の理想とするM&Aの実現が期待できるでしょう。

京都銀行のM&Aに関する評判・口コミや取り組み

地銀、M&A仲介ようやく本腰 企業後継者難で需要拡大

地方企業で経営者の高齢化が深刻化する中、地銀各行が事業承継の支援策としてM&A(企業の合併・吸収)仲介に力を入れ始めた。(中略)京都銀行(8369.T)は2017年3月期に5億円だったM&A収益を2020年3月期には10億円にする目標を立てている。

出典:アングル:地銀、M&A仲介ようやく本腰 企業後継者難で需要拡大:ロイター
https://jp.reuters.com/article/regional-bank-ma-idJPKBN1CT0BL

「ものづくりの都に」 京銀とダルマ社が設立

「京都を世界のものづくりのハブ(拠点)にしよう」と、京都銀行と投資事業に取り組む企業「ダルマテックラボ」(京都市下京区)は、ものづくりのベンチャー企業による製品試作や量産化を支援する投資ファンドを3月中に設立する。事業が軌道に乗れば、ベンチャーの株式上場や合併・買収(M&A)などでファンドに出資した資金も回収できるようになる。

出典:「ものづくりの都に」 京銀とダルマ社が設立 / 京都:毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170314/ddl/k26/020/419000c

京都銀行、M&A強化で成約伸長

関連融資は6倍の72億円、「専門家」25人を養成【大阪】京都銀行は取引先のM&A(合併・買収)支援で実績を伸ばしている。2016年度は成約件数が15年度の7件から過去最高の13件に拡大、関連融資は約6倍の72億円に達した。専担部署の体制強化やM&A専門家の養成、行内外からの案件情報増加が成果につながっている。

出典:2017年4月28日号7面 京都銀行、M&A強化で成約伸長:日本金融通信社 ニッキン
https://www.nikkin.co.jp/articles/show/1704270001266180

M&A人材で貸出伸ばす 京都銀行・土井頭取

広域型地方銀行として、和歌山県を除く近畿2府3県に積極的に出店してきた京都銀行。6月に就任した土井伸宏頭取は、出店を加速して規模拡大を図る考えだ。まだ中堅中小企業は設備投資に慎重だ。大企業は手元資金で設備投資ができる状況だが、海外のM&A(企業の合併・買収)資金や新規事業への資金需要が出てきている。企業の事業承継や後継者不足の悩みを機敏にとらえ貸出金の増加につなげたい。

出典:M&A人材で貸出伸ばす 京都銀行・土井頭取:産経ニュース
http://www.sankei.com/west/news/151014/wst1510140089-n1.html

京都銀行について

会社名 株式会社 京都銀行
英文社名 The Bank of Kyoto,Ltd.
設立日 1941年10月1日
代表執行役社長 土井 伸宏
資本金 421億円
事業内容 銀行業
ホームページURL https://www.kyotobank.co.jp/
本社所在地 〒600-8652 京都市下京区烏丸通松原上る薬師前町700番地
お問い合わせ先 075-361-2211

金融系M&A会社

野村証券

M&A業務国内実績No.1。
中堅から上場企業まで実績が豊富なので、さまざまな案件・事例からヒントを得て可能性を広げたい方にぴったり。知名度という点では安心できる企業。

詳細・評判を見る

SMBC日興証券

顧客のライフステージを踏まえたM&A戦略で立案・分析を実施。営業譲渡、合併、資本提携、合弁会社設立などの実績も十分なため、多くの実績をもとにした提案が期待できる。

詳細・評判を見る

みずほ銀行

野村、SMBCと同様に多数の実績を持つ金融系M&A会社。これまで、多様なプロセスでの経験と知識を活かした買収・売却に関する専門的なアドバイスを受けることができる。

詳細・評判を見る