あなたの会社には
『専門M&A仲介会社』がおすすめです!

スピーディーにM&Aを実現したい小・中規模の企業は、
専門M&A仲介会社がおすすめ

専門M&A仲介会社はM&Aアドバイザリーを独立専業とし、地銀との連携、地域密着型で主に中小、中堅規模の案件を扱っています。その大きな特徴として、スピーディーな契約と比較的リースナブルな料金でM&Aサービスを提供してくれることにあります。

アドバイザーの多くはノルマ達成のために多くの件数をこなすため、M&A成立に向けた効率重視、スピード重視の取引が持ち味。素早い契約を実現するための買い手と売り手の中小企業情報を集める能力、さらに高いマッチング力を有しています。これらの特徴から、「一刻も早くM&Aで会社を売却したい」という中小企業におすすめです。

一方、専門M&A仲介会社は同時に何人もの顧客を抱えていることが多く、また数字を優先する傾向にあるため、事業コンサル系M&A会社に比べると手厚いサポートは期待できないかもしれません。じっくりと時間をかけてよりよい条件下でのM&Aよりも、とにかく素早くM&Aを実現したい中小・中堅規模の会社は、専門M&A仲介会社がベストな選択と言えるでしょう。

専門M&A仲介会社がおすすめの理由

おすすめの理由① おすすめの理由①

無駄のない動きで、
成約までスピーディーに対応

専門M&A仲介会社のアドバイザーは、M&A成立のノルマ達成率により成功報酬が増減するため、無駄のないスピーディーな動きが求められます。これが「素早くM&Aで会社を売却したい」という顧客にとって大きな魅力となっています。また、アドバイザーのノルマ達成には高い金額での成約も条件となっているので、売却額を度外視して素早い決断を下すことはありません。

おすすめの理由② おすすめの理由②

売上1億以下の
小規模案件でも対応可能

専門M&A仲介会社のもうひとつの特徴は、大手の証券会社ではサポートされにくい中堅・中小企業のM&Aを支援しているところ。なかには売上1億以下の小規模案件でも対応可能のM&A会社が多いこと。そのため、「小さい会社なのでM&Aは難しいのでは」という企業でも十分に検討の余地はあると言えるでしょう。

おすすめの専門M&A仲介会社 3社

日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは、全国の公認会計士・税理士が共同出資で創設した、完全独立系の専門M&A仲介会社です。このタイプのM&A会社のなかでも圧倒的な社員数(M&A専門コンサルタント250名)を誇り、売手企業にも買い手企業にも偏らない中立の立場で、M&Aのアドバイザーサービスを提供しています。25年の長期にわたるM&Aのノウハウを蓄積、専門性の高いサービスが好評で、M&A仲介で難しいとされる「売り手企業情報の入手」「売り手と買い手のマッチング」に特化しています。企業情報については、全国にM&Aネットワークを構築しており、会社や事業の譲渡情報や譲受け情報が集まる仕組みがあるため、売り手企業はマッチング相手の選択肢を広げることができるでしょう。

また、譲渡案件の一件一件について、全コンサルタントで競うようにアイディアを出し合っており、売り手と買い手、双方にとってメリットのあるマッチングの実現に貢献してくれます。

さらに、中堅・中小企業の友好的M&Aの支援を得意としているため、従業員数10名未満からの小規模案件のマッチングに強いという特徴もあります。日本M&Aセンターが誇る東証一部上場という信頼と、多数のM&Aをサポートしてきた実績は、「スピード最優先でサービスが手薄」とさえ言われる専門M&A仲介会社のイメージを払拭し、高い専門性と親身な対応を両立した稀有な企業と言えるかもしれません。

日本M&Aセンターの特徴

M&A専門コンサルタント250名という圧倒的な社員数で買い手候補を開拓

安心の一部上場・年間成約件数300社と豊富な実績業績

売上が1億円に満たない小規模会社もしっかりサポート

M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは2005年設立とM&A業界でも後発ながら、2013年11月にはマザーズ上場、2014年12月には東証一部上場と着実に業績を伸ばしている専門M&A仲介会社です。
クライアントは中小企業が中心で、日本全国あらゆる業界のニーズにこたえる、スピーディーかつ柔軟な対応力があります。
また、完全報酬型のサービス体系であるため、気軽に相談することが可能。信頼関係を築き上げながらM&A成約へと導くスタイルも特徴の一つと言えます。ホームページには実績が多く掲載され、情報量も豊富です。今後とも専門M&A仲介会社として、ますます勢いをつけているM&Aキャピタルパートナーズは、最注目の会社と見て間違いありません。

ストライク

ストライク

ストライクは、売上額1億円から100億円規模の中堅企業のクライアントが中心。早くからインターネットのM&A市場に着手しており、1999年には業界最速でマッチングへのネット活用をスタートさせました。
現在は日本初のインターネットM&A市場「SMART」を運営したり、メルマガ等を活用してM&Aに興味を持つ企業を獲得したりなど、独自路線の営業スタイルで業績を伸ばしています。
インターネットやデータベースを活用したスタイルは、従来のコンサルティングでは成しえなかったであろう、斬新なマッチングを生み出しています。既存の概念や常識にとらわれない事業展開を望む企業にとっては、これ以上ない心強いパートナーとなるでしょう。

専門M&A仲介会社の特徴

特徴1成約までをスピーディーに進める力

専門M&A仲介会社の担当者は、ノルマ達成率が給料や待遇に直結することがほとんどです。そのため、「M&Aを成約させたい」という担当者の熱意は随一。案件の成約に向けて、力を尽くしてくれるでしょう。また、「はやく成約させる」ことも重視しており、このスピード感が専門M&A仲介会社の大きな魅力でもあります。経営者が高齢であったり業績の悪化が原因でM&Aを急いでいる企業は、迅速にM&A契約を締結することが重要となるため、専門M&A仲介会社はもっとも最適なパートナーとなるでしょう。

特徴2スピーディーに交渉を進める決断力

M&Aを成功させるにはさまざまな能力が必要ですが、「決断力」も重要な能力のひとつです。専門M&A仲介会社の担当者がもつ「より速く、より高くM&Aを成約に導く」という熱意は、強い決断力と素早い対応に繋がり、顧客の目的を最短で達成するための強みとなっています。
とはいえ、スピードを追求するあまり不利な条件で交渉を進めてしまうということではありません。スピードも大切ですが、高額での成約もノルマ達成には欠かせないポイント。スピードと利益が両立するよう、きりのいいところで折り合いをつけるバランス感覚にも長けており、両者の利益とスピードを重視し動いてくれるM&A会社といえるでしょう。

特徴3情報量が豊富なため、マッチング力が高い!

M&Aを実現させるには買い手や売り手の情報を多く保有していることが重要であり、成約を急ぐ場合、情報を多く有していることは大きな武器となります。専門M&A仲介会社は、営業マンが日頃から情報収集に力を入れルートを開拓。そのため、顧客の希望にそった候補先企業を素早くピックアップすることに長けています。 ただし、候補先企業の気質や社風、自社との相性など、きめ細かい調整は別途必要になるため注意が必要です。スピード優先となると細部まで行き届いたマッチングが難しくなってしまい、シナジー効果が高い相手の選定は甘くなりがちです。そのため、マッチングの精度やシナジー効果を追求したい場合は、事業コンサル系M&A会社を検討することをおすすめします。しかし、速さを求めるのならば、専門M&A仲介会社は最高のパートナーとなるでしょう。