あなたの会社には
『事業コンサル系M&A会社』がおすすめです!

中規模、大規模のM&Aを納得のいく形で実現したいあなたの会社は、
事業コンサル系M&A会社がおすすめ

事業コンサル系M&A会社は経営者の立場に立ち、クライアントにM&Aの知識がなくてもじっくりと時間をかけ、納得のいくまでしっかりサポートしてくれる特徴があります。高いコンサル力があるため、自社では気づきにくい企業の魅力を見出し、相手企業に高い評価をしてもらうためにはどのようにしたら良いかまで、細かな提案をしてくれるでしょう。

この事業コンサル系M&A会社の最大の特徴は、コンサルティングに十分に時間をかけることにあります。経営者や会社にとって最善の方法を第三者の立場でアドバイスし、後悔のないM&Aができるように導きます。さらに、相手企業の選定についても、条件のみのマッチングではなく、売り手企業と買い手企業双方の相性を分析してぴったりな相手先を見つけてくれます。両者にとって最大のメリットとなるようなシナジー効果を生むM&Aの実現に期待できるでしょう。

このようにM&Aの成果にしっかりと向き合ってくれる事業コンサル系M&A会社ですが、月次でコンサルフィーが発生するため、小規模の会社には負担が大きくなってしまうという一面もあります。そのため、長期的な視野でスピードよりもコンサルティングの内容を重視し、よりよい条件でのM&Aを希望する中規模・大規模の会社が、事業コンサル系M&A会社がベストな選択と言えるでしょう。

M&Aの説明書がおすすめする事業コンサル系M&A会社

M&Aの説明書がおすすめする事業コンサル系M&A会社

メリット

  • クライアントのニーズを最優先してくれる
  • M&A前の戦略立案からPMIまで手厚くサポートしてくれる
  • 企業のバックアップ体制が万全
  • 事業再生・事業承継に強い

デメリット

  • スピードが遅い

M&A以外の事業承継方法を視野に入れた、顧客目線のサポート。
業績を良くしてから高値で売却を狙うなど、期限に縛られない柔軟な提案力があり、顧客のベストな選択を見極めてくれるのが、何より信頼できるポイント。

  • 少しでも高く売りたい
  • 会社にとって一番いい選択をしたい
  • M&Aすべきか、他に良い手はあるか、事業戦略を含めた提案がほしい

という経営者におすすめです。

事業コンサル系M&A会社がおすすめの理由

おすすめの理由① おすすめの理由①

M&A前にバリューアップ
してから高く売却が可能!

売り手企業と買い手企業の合意の下でおこなわれるM&A。売り手企業の立場では、なるべく高く会社を売却したいという希望があるでしょう。事業コンサル系M&A会社の強みは、「M&A前のバリューアップ」です。顧客目線の期限に縛られず、なおかつ短期間のバリューアップで自社の価値を高めることで、売り手・買い手ともに理想のM&Aを実現することが期待できます。

おすすめの理由② おすすめの理由②

M&Aの知識がなくても
安心の手厚いサポート!

M&Aにはプロのサポートが必要不可欠です。事業コンサル系M&A会社はコンサルティングを重視しており、M&A戦略の策定から買収後のPMI(経営統合)支援まで相談可能。相談開始からM&A後まで、寄り添ったサポートをしてくれます。時間をかけてでも納得のいくM&Aを実現したいあなたの会社にぴったりでしょう。

おすすめの事業コンサル系M&A会社 3社

みそうパートナーズ

東京、大阪に拠点を持つみそうパートナーズは、2016年10月の誕生以来、事業コンサル系M&A会社として急成長を遂げています。公認会計士による経営コンサルティング業務をメインとしたサポートが評判で、その中でも「事業再生コンサル」「事業承継コンサル」に強く、顧客目線での「M&A」「事業革新」が最大の特徴と言えるでしょう。

そんなみそうパートナーズは、事業コンサル系M&A会社でありながら、「M&Aありきではない」というところが一番の魅力です。事業承継全般のことから従業員、家族の状況まで細かくヒアリング。「本当にM&Aしか方法がないのか?」「M&A以外に方法があるのではないか?」という顧客の疑問に対し、M&A以外の事業承継方法を視野に入れた、顧客第一主義に立った幅広いサポートが期待できます。

M&A会社にありがちな、「期限に縛られたM&A」にとらわれず、じっくりとコンサルティングをおこない、クライアントにとっての最適解を提案し、実行してくれます。「株式譲渡」「株式引渡」「合併」「株式交換・株式移転」などから、「事業譲渡」「株式分割」など会社の一部を譲渡するスキームまで、2~3年にわたる長期目線のサポートは、売り手側企業にとってたいへん心強いものがあります。
年商10~100億の実績がある中堅規模の会社であれば、ぜひおすすめしたい事業コンサル系M&A会社です。まずは電話かメールで相談してみてはいかがでしょうか。

みそうパートナーズの特徴

M&A以外の事業承継方法を視野に入れた、顧客目線のサポート

業績を良くしてから高値で売却を狙うなど、期限に縛られない柔軟な提案力

年商10〜100億の中堅企業を対象にサポート

山田ビジネスコンサルティング

山田ビジネスコンサルティング

山田ビジネスコンサルティングは、東京を中心に国内9つの支店を持つ、税理士法人出身の事業コンサル系M&A会社です。専門性の高い金融・法律・会計のノウハウで、スピード感があり、なおかつ合理的なM&Aが評判を呼んでいます。
事業コンサル系M&A会社でありながら、売り手と買い手のマッチングに特化。オプションで実行支援をおこなうというスタイルは、どちらかと言うと専門M&A仲介会社のタイプに近いと言えるでしょう。
さらに、シンガポール・上海など東~東南アジアにも支店や現地法人を持っているため、国際間のクロスボーダーM&Aにも迅速な対応が可能。
中小企業から年商200億円クラスの企業まで、山田ビジネスコンサルティングは、年間360社におよぶ豊富なコンサルティング実績と専門性の高さで、組織力を最大限に活かした迅速かつ柔軟なサポートを提供しています。

フロンティアマネジメント

フロンティアマネジメント

フロンティアマネジメントは、ホテルやノンバンクなど多彩な企業再生案件を手がけた弁護士の大西氏と、証券アナリストとしても活躍する松岡氏が代表を務める、事業コンサル系M&A会社です。
企業再生のコンサルティングをメインに、これまでローソン、ポプラ、前田証券、福岡銀行など、大規模な企業のM&Aも担当した実績があります。
弁護士や公認会計士など、さまざまなバックグラウンドを持つ事業再生のプロフェッショナルが多く在籍、M&Aアドバイザリー、経営執行支援、経営コンサルティング、事業再生支援を融合した総合的な経営サポートが、フロンティアマネジメントの最大の魅力と言えるでしょう。

事業コンサル系M&A会社の特徴

特徴1戦略立案からPMI(経営統合)支援までサービスを提供

事業コンサル系M&A会社はクライアントの企業価値を上げるためのコンサルティングを重視するという特徴があります。そのため、ただM&Aを行うだけでなく、会社の持つ弱みや強みを理解した上で、M&Aの成果をより良くするための経営戦略の策定・M&A後の経営統合もしっかりとバックアップします。長い目で見て実りのあるM&Aを希望する企業におすすめです。

特徴2多彩な選択肢の中から、ベストな選択を提案する。

事業コンサル系M&A会社だからできる、多角的な視点からの経営者目線のアドバイスを行います。M&Aはマッチングをすればいいというものではなく、M&Aを行う時期や、他の事業承継解決手段の検討など、M&Aを成功に導くための目線が欠かせません。事業コンサル系M&A会社は、自社のパートナーとして、ともに将来を描けるようなサポートをしてくれます。

特徴3会社ごとに異なる得意分野をもつ

一口に事業コンサル系のM&A会社といっても、得意分野はそれぞれ異なります。例えば税理士や会計事務所が礎となっているM&A会社は会計部門に強く、「企業価値評価」に長けている特徴があります。また、事業再生をメインとする事業コンサル系M&A会社は「M&A前の価値向上」や「M&A戦略の策定」が得意など、会社によって様々なカラーがあります。M&Aを成功させるカギは、自社が必要とする分野に長けているM&A会社を選ぶ点にあるでしょう。

特徴4事業コンサル系M&A会社は外資系と独立系に分かれる

事業コンサル系M&A会社は独立系の会社と、外資系の会社の2種類に分類することができます。海外企業とのクロスボーダーM&Aを狙う場合は海外企業を熟知している外資系M&A会社がおすすめ。また、事業継承や成長戦略に対して独自の立場での提案を求めるならば、独立系M&A会社がおすすめです。どちらの事業コンサル系M&A会社も、これまでの経験や知識から正確かつ強力にバックアップを行います。